効果時間で選ぼう | 辛い不眠の症状、睡眠薬で解消してしまいましょう!

効果時間で選ぼう

夜になっても眠れず徘徊する女子絵

睡眠薬を選ぶ際には幾つか注意しないといけない点があります。
一つは「薬が効き始めるまでの時間」そしてもう一つが「効果時間」です。
この二つの要素を組み合わせ、睡眠薬は4つのカテゴリに分けられているので、睡眠薬を選ぶ際は自分の症状とそれに対応したカテゴリを知っておくようにしましょう。

睡眠薬の4つのカテゴリはそれぞれ「超短時間作用型」「短時間作用型」「中間作用型」「長時間作用型」になります。
超短時間作用型と短時間作用型は服用後比較的早い段階で薬が効き始め、早い段階で薬が切れるという特徴があります。
その為、入眠障害のような「なかなか寝付くことができない」症状に悩んでいるのなら、これら2つのカテゴリに分類される睡眠薬から服用する物を選ぶことで、しっかりと眠ることが出来るようになります。
そして中間作用型と長時間作用型に関しては服用後数時間後に効果が現れ、薬もゆっくりと切れていくという特徴があります。
なので、中途覚醒のような「寝付くことができるけれども熟睡できない」という症状に悩んでいる場合、この2つのカテゴリに分類される薬を選択することにより、一度眠ると朝まで起きることなく、熟睡できるようになるのです。

間違った薬を選択してしまうとなかなか寝付けないけど眠くなって寝てしまうとそこから起きれない、すぐに眠れるけれども結局何度も起きてしまう、というような事態を招いてしまうので、自分がどのタイプの睡眠障害なのかをしっかりと知ったうえで服用する薬のカテゴリを知り、何を服用するか選ぶようにしましょう。